落ち込んだ!

落ち込みました死ぬほど

お客様に喜んでもらって、人の役に立って、自分で売上あげて家族を養って、スタッフを引っ張っていく。それが出来ないなんて!この世の終わりくらい

難病(脊髄小脳変性症)になった事はそれほどショックではなかった。

でも、仕事ができなくなったのは本当にショックで、2日前まで普通に出来てて、連休挟んで次の日には出来なくなってある異夢中と思った。

美容師にとってハサミが持てなくなると言うことは、自分のアイデンティティー、自己価値の喪失。

この世の終わりかと思いました。

人生終わったなと。

自分のお店も赤字&何かと問題があり、それでも貯金を崩して給料を払い、貯金も底をつく…

自分は何も生産性がないのに、生きていると浪費はする。そんな時に起こった“津久井やまゆり園”の事件。

犯人の言い分は、「生産性のない障害者は死んだ方がいい」

まさに自分じゃん。

自暴自棄になり、引きこもりストレスで過食。

その後半年で10kg以上太り別の病気になりそう

そんな中、障害者の僕を受け入れてくれた環境と仲間がいたから。

自分は難病だと自己開示した事で

手に入れることができた…

と言うより、初めからあったものに気づけた。

差し伸べられた手に気付けた。

それまでは、優しくされることが逆にイライラしたり、鬱陶しかったり、辛いのは自分だけじゃないのに分かっていても、思い通りにはならない怒りや悲しみを全力でぶちまけていました。