今しかない!っと思って始めたモノ

僕が難病である脊髄小脳変性症と診断されたのが 2011年11月

多分気づきたのは他の脊髄小脳変性症の方の場合と比べて早い段階で自分の体へ異変を感じていました。難病と診断された時もショックではなかったです。病気になるならないは高校生のころすっごい悩みましたけど…

僕は遺伝生のため同じ難病である父が生き様を見せてくれていたお陰です。健在ですよ

  • 階段登るのが不安
  • 狭いとこ歩くのが不安
  • 子供を抱っこして歩くのが不安

なんかおかしいなーって感じから病院(神経内科)でMRIを撮ったらやはりな感じでした。

そこからは、少しずつ出来ないことが増えていきます。体感としてはどんどん増えていった感じです。

  • 文字が書きにくい
  • よく聞き返される
  • 走り方がヘン…なんかダサい

今しかないって思って始めた事が2つ。

ゴルフと新しいカット技術の習得✂︎

僕は、美容師なので✂︎

ゴルフ散々でしたね笑 スコアも散々、よくコケたー! 割とスポーツはできる方だったので、こんなかっこ悪い自分見たことないっ笑笑笑

でも楽しかったなー‼︎ みんなで笑ってはしゃいでw もう一度ラウンドしたいなー誰か連れてって←わりとマジです。

もう1つの 新しいカット技術✂︎は、      ステップボーンカット(小顔補正立体カット)と言って世界で初めて特許を取得したカット技法。

このカット技術にどハマりしています(カット技術云々はここでは書かないですが)

いやー青春しましたね! 当時35歳、美容歴17年でしたが、久しぶりに心震え、久しぶりに挫折と屈辱を味わい、久しぶりにコン詰めて練習して、久しぶりに目に見えて成長して、汗と涙を流した。

試験に合格したときの何とも言えない達成感!

他の方はどうか知らないけど、美容歴10年を超えてこんな体験ができると思わなかった!

そしてこのカットを通じて共に学ぶ仲間が日本全国、海外にまで出来た。

共に学び共に成長する。学びを分かち合う。

綺麗事に聞こえるかもしれないけど、学びをより深め、自分のものにしするには、アウトプット!   それは、人に教えるのが1番だと僕は思います。理想的な学びがそこにはありました。

僕だけなのかな?それまでは美容師って横の繋がりってないもんだと思っていたので

自分の経営する美容室は、赤字やら人間関係やら相当苦しい時期だったけど、いち美容師としては絶頂! これから登ってやるぞ!って感じでした。

個人は絶頂で自社美容室は絶不調真っ只中の

2016年6月のある日、

僕は、美容師ができなくなってしまいました。  脊髄小脳変性症と診断されて4年半。

人生何があるかわからない。

当然 死ぬほど落ち込んでいましたが、妻の優しさ、仲間の優しさに救われました。