津久井やまゆり園事件から3年

ショックなニュースだった

一生のトラウマになるかも

犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。

僕は、難病の進行によって

ある日突然仕事ができなくなりました。

美容師でした。

(今でも美容師だと思っています)

..

事件の約1カ月前のことでした。

..

仕事はできなくても

お腹は減る

お金は使ってしまう。

自分にはもう価値がない。

何の生産性もなく、

浪費ばかりしてしまう

こんな自分には本当になんの価値もない。

..

誰に相談しても解決しない。

相談した相手の時間を

浪費させてしまってるような感じて

相談も出来なくなっていた。

このままそっと消えてしまいたいとさえ

思っていました。

..

そんな時に起こった事件。

怒りはなく、

被害者のご冥福を祈る余裕もなく、

ただただ絶望感と、深い悲しみに苛まれていた。

..

僕の障害者としての

新しい人生が始まって3年

..

未だこの時の絶望感は忘れられない。

事件後3年も経って

裁判が始まっていないことには

びっくりした。

..

障害者である自分がどうするのが正しいかは

今でも分からない。

..

とりあえず “堂々と生きようと思う。”

自分らしく自由に

それが今自分がチャレンジしていること。

堂々と何処へでも行き

堂々と食べ

堂々と笑い

堂々と落ち込む

..

障害者の権利ばかりを主張するのではなく

手を差し伸べられないことへの不満を

ぶちまけるのではなく

(たまにはいいと思う)

..

手を差し伸べてくれた人が

【やってよかった】と

お互いが喜び合えるように(手を差し伸べるのも勇気がいる)

“すみません”より

“ありがとう”と満面の笑みで言えるように

生きます。

..

#難病 #脊髄小脳変性症  #scd

#運動機能障害  #jcat

#美容師 #難病美容師

#難病美容師たぐっちょ 

#すみませんよりありがとう

#障害者自身も自己啓発

#堂々と #先ずは自己開示

#大丈夫だよ #ありのままでok #自由

#十人十色

..

難病を患ってからも

変わらずそばにいてくれる妻

変わらず接してくれる仲間に

心からありがとう